サプリメントの知識と今話題のIQサプリメントの情報サイト

サプリでGO!

サプリメントとは

「サプリメント」この言葉は最近テレビや雑誌でよく耳にするようになりましたね。しかし、本当の「サプリメント」の意味ををご存じでしょうか??天然サプリメントプロポリスなど様々なサプリメントがありますが、「サプリメント」Supplementとは、英語で正確にはDietary Supplement、つまり食事を補うもので補助食品という意味になります。

つまり、サプリメントとは、栄養を補助する食品であって、病気が治せるわけではありません。(薬ではありません)
では、一体サプリメントの目的とは何なんでしょうか?それを知るためには、最初に体の仕組みを知らなければなりません。人間は60兆個の細胞のかたまりで出来ているのです。

細胞一個一個の中心には細胞核があり、その中に存在する遺伝子DNAの暗号を元に細胞はひたすらタンパク質を作り続けています。(生命の基本事項はたったこれだけなのです)このタンパク質が組み立てられて酵素になったり、ホルモンや抗体になるし、勿論皮膚、内臓、筋肉などの体の構成物質にもなります。生命の営み殆どが、細胞で作られたタンパク質の働きによって起こっているのです。

誰でも最初はたった一つの、60兆個の細胞に増えていくことが決められている「設計図を持った細胞」でした。
それがどんどん増えていき2つに別れ、4つに別れ、8つに別れ、ついには人の形になっていったのです。生まれる時には、60兆個の細胞をもって誕生します。そして、この60兆個の細胞を維持しているものが毎日、口にする食べ物であり、水であり、酸素です。これらのことは、いつも自然に行われていて、食事をし、水を飲み、呼吸をしています。お腹がすいた、のどが渇いたという欲求は、全て自分を維持する使命を持った自分の設計図の命令です。

 

分子栄養学の世界では、「私たちは、私たちの食べた物である」と言われています。つまり、口から食べた物でしか人間という物質は作られないと言う事でしょうか?

しかし、体は作られっぱなしではありません。毎日生まれ変わっているのです。皮膚は4週間で回転代謝、血液中の赤血球も約60日でいったん壊し、新しいものに入れ替えます。体中のタンパク質は毎日設計図の元に生まれ変わっているのです。3年も経てば、殆ど新しい体に生まれ変わっています。それは、この3年間に口にしたものによって作られてにるわけですから、「私たちは私たちが食べた物である」と言うことも何となくですが納得して貰えるでしょう。

では、サプリメントとは一体どのような働きをするのでしょうか?
サプリメントとは、普段の食事からも摂る事の出来るごく当たり前の栄養素を寄せ集めた食品のことを指します。(何度も言っているのですが、サプリメントは薬では無いのです。)

よくサプリメントで病気が治るといった売り込みを見かけますが、そんな言葉を鵜呑みにしないで下さい。サプリメントで栄養素を摂る事とサプリメントで病気が治ることは全く別の問題です。

しかし、サプリメントは結果を出すことが出来ます。それは、「病気をどう治すか」ではなく、「健康とはどういう状態か」というレベルの話です。少なくとも管理人にとってサプリメントとは、健康状態を維持するための便利な道具だと考えています。

また、サプリメントで間接的に老化のスピードが遅くなるという現象が起こりますが、老化そのものを止めることは出来ません。サプリメントも摂っていても風邪やインフルエンザにも掛かります。極度に不健康な生活をしている方や、極度にストレスを溜めている場合なども、サプリメントで補うには障害が大きすぎるので、ハッキリと変化がわかる体感を得るのは難しいことかもしれません。

短期的な結果や、先天的な病気の改善を求めなければ、サプリメントで結果は出ます。必要な栄養素がそろったとき、自分自身の力で健康になっていくからです。

Favorite

外構 岐阜
リフォームを足立区で行う
ファッションデザイン専門学校

当サイトはリンクフリーですが、テキストの無断使用、トップページ以外への直リンクを固く禁じます。

もしそのような行為が見受けられた場合、法的な手段に訴える事もありますので注意して下さい。

Copy right (c) 2008 supple de go! All Rights Reserved.