サプリメントの知識と今話題のIQサプリメントの情報サイト

サプリでGO!

サプリメントの種類(一般的な)

前のページでは法的なサプリメントの法的な分類について説明したが、ここでは法的な部類は置いておき、世間一般的に種類分けされているサプリメントの内容を書いてみます。

ビタミン系サプリメント

これはもう皆さん、おなじみのサプリメントだと思います。ビタミンCやビタミンEなどのサプリメントですね。 ビタミンは人間が生きていく上で必ず必要なもので、体内で必要量を作り出す事が出来ない為、食べ物なので外から補給してあげないといけません。 アメリカではこの「ビタミン系」サプリメントが主流になっています。

特徴としては、研究がとても進んでいて、ビタミンを摂ったときの効果なども科学的根拠がしっかりとしたデータがたくさんあり、安心して摂ることが出来るサプリメントです。
但し、一部のビタミンは過剰症がきついのもありますので、やたらめったら摂取するのは駄目です。

ミネラル系サプリメント

ミネラルについてはよく知らない方もいらっしゃるかもしれませんが、カルシウムやマグネシウムの事です。それを聞いてピンと来たでしょう?(笑)
ミネラルは、歯や骨を作る元となったり、筋肉や内臓を動かす為に必要だったりとビタミン同様、またはそれ以上に人間が生きていくのに欠かせない働きをしています。

ミネラルも科学的根拠がしっかりしている分野ですが、ビタミンよりも過剰症を起こしやすいので、摂取量には十分に注意して下さい。

アミノ酸系サプリメント

最近はサプリメントよりもジュースでよくアミノ酸入りのものをよく見かけますよね。アミノ酸はタンパク質を構成している最小(一番小さい)の物です。人の体はタンパク質を中心に構成され、作られていますので、まさに人間とはアミノ酸で出来ていると言っても、決して過言ではありません。

また人間が活動したりする為のエネルギーを作るのにもアミノ酸というのは欠かせません。アミノ酸は今発見されている時点では20種類ありますが、そのうち8種類は人が体内で作り出す事ができないが為に必須アミノ酸とよばれていて、食べ物などで外から補給してあげないといけません。

ハーブ系サプリメント

ハーブ系のサプリメントは何と言っても種類が超豊富で、海外では医薬品として使われているハーブも数多く、欧州ではビタミン系サプリメントよりハーブ系のサプリメントが主流になっているようです。

代表的なサプリメントの素材を紹介しますと、「ブルーベリー」「イチョウの葉」「エキナセア」などがハーブ系の基本的な素材です。この3つは海外ではいずれも医薬品に指定されています。ハーブと言われてみると、薬草で副作用がないようなイメージがあるかもしれませんが(まぁ自然の物だから当然だとは思いますが)、実は健康被害例が最も多いと言われているのがハーブ系のサプリメントだそうです。

ハーブというのは非常に種類が多く、未だに研究が十分に進んでいない物がたくさんある事と、普段の生活で人があまり食べることのない素材が使われることもあるので、ハーブ系のサプリメントを購入するときには、よく下調べをして選びたいサプリメントですね。一時期ダイエットのサプリメントで人気を博していた「ガルシニアカンボジア」も最近、安全性について疑問視される声がよく聞こえるようになりました。

pickup

コカコーラ
http://www.cocacola.co.jp/
手芸用品
http://www.syugeiyasan.co.jp/

Last update:2014/10/16

当サイトはリンクフリーですが、テキストの無断使用、トップページ以外への直リンクを固く禁じます。

もしそのような行為が見受けられた場合、法的な手段に訴える事もありますので注意して下さい。

Copy right (c) 2008 supple de go! All Rights Reserved.